本文へスキップ

大田区蒲田のはんなり治療院です。鍼灸、マッサージ、訪問マッサージ・鍼灸など

完全予約制です。ご来院の前にご連絡ください。TEL.03-3736-0136

〒144-0052 東京都大田区蒲田5-42-6-505

検索で直接このページに来られた方へ

IBSについて様々な情報を載せているコラムもあります。ぜひ過敏性腸症候群のページもご覧ください。

他に関連した症状で神経因性骨盤臓器症候群のページもあります。詳しくは右の病気別解説のリンクからどうぞ。

治療を受けてみようと思われた方へ、一番下に治療を受ける際の注意事項が書いてありますので、必ずお読みください。

過敏性腸症候群(IBS) ガス型

こんな症状で悩んでいませんか

お腹の張り
デスクワークの方に多い症状で、女性が大半です。腸にガスがたまってお腹が張って苦しくなってきます。おならを我慢してこの状態になることも多いです。
お腹が空いて張ってくる場合と食事をすると張ってくる場合があります。また疲れてくると張りが強くなることもあります。

腹鳴
お腹から音が出ます。大体は腸の動く音で、グー、ゴロゴロからポコポコ、パチパチ、おならのような音など様々な種類があります。場所は下腹部、左の肋骨の下、肛門近くなどが多いです。

おならがよく出る
実際にはやたらとおならをしたくなるのを懸命に我慢するのが悩みになります。お腹の張りが先にある場合と、我慢することによりお腹が張ってくる場合があります。腹鳴を伴うことも多いです。

おならがもれる
非常に深刻でなおかつ一番理解してもらえない症状です。おならがもれてしまうのですが、もれているのが自分で分かる場合と全然分からず無意識の場合があります。
自分で分かる場合はおならを我慢しきれずもれるパターンと、おならがしたくないのに肛門から空気が出ている感じがするパターンがあります。
無意識の場合は自分では全く分からずおならが出ているのですが、その時に匂いがわかるパターンと全く分からないパターンがあります。
大体は人から指摘されてもれていることに気づきます。またこの症状の時は肛門に違和感(熱感、濡れている感じ、ゆるんでいる、動いている、空気が通る)を感じることが多いです。

おならのもれ(ガス漏れ)の副作用として
人がいると(特に後ろ)緊張する、他人の鼻を啜る音や咳払いが気になって仕方ない、周りがくさいと言っている気がする、など精神的にもつらくなります。
狭い部屋や教室、上りエスカレーターで更にきつく感じます。

原因は?

基本的には自律神経の乱れと生活習慣です。自律神経は腸の働きをコントロールしていますので、この神経の乱れはダイレクトに様々な症状を引き起こします。
また下記に解説しています「呑気症」「噛みしめ症候群」もガスの発生の原因とされています。

食生活
主に冷えと甘い物の取りすぎが原因です。
冷たい飲み物や食べ物は当然として、コーヒーやお菓子、特にチョコレートは腸を冷やして動きを悪くします。炭酸飲料や不溶性食物繊維(豆、イモなど)、熱い麺類、油物はガスが発生しやすくなります。
ビールやサワーなどの炭酸系のお酒はガスの発生と腸を冷やすダブル効果があるので、最も避けるべきです。

ストレス
発症のきっかけだったりもします。何らかの強いストレスがかかったり、弱いストレスでもかかり続けたりすると自律神経が乱れ、腸の働きがおかしくなります。

姿勢、肩こり
デスクワークや学生の方に多いのですが、猫背、これが良くないです。まず腹部が圧迫されますので、腸の動きが悪くなります。また肩や首が凝り、この凝りが自律神経を乱します。
ガスもれで悩んでいる方の場合、腰を前にせり出して座る、左右どちらかのお尻に体重をかけて座っているなどくせがあり、この姿勢により肛門に隙間ができてガスがもれることがあります。

呑気症
詳しくはネットで検索していただくといいのですが、ストレスなどで唾をよく飲み込むのが主な症状です。
ガス型の症状にくわえ、胃に空気がたまる、げっぷが多いなどの症状がある場合、呑気症の可能性があります。唾を飲み込む時空気も飲み込みますので、その空気が大腸へとまわっていき、ガス型の症状を引き起こします。

噛みしめ症候群
上記の呑気症と合わせて発症することが多いのですが、ストレス・緊張などで上下の歯をかみしめることが多くなる症状です。
噛みしめている時舌は上あごに張り付いていますので唾がたまりやすくなります。したがって頻繁に飲み下すことになるのですが、その時に空気も飲み込み呑気症になります。

この悩みに終止符を打ちましょう

いろいろ病院をまわりましたか。薬、サプリメントも試しましたでしょうか。それでも効果なくどうしようと思っている方、ぜひ鍼灸を受けてください。
当院にはガスの症状で悩んでいる患者さんがたくさんいらっしゃっています。しっかり通院されている方はみなさん良くなって、悩んでいたことを忘れてしまいます。
特にガス漏れの方、ここらでこの病気とさよならしましょう。

治療としては大まかに
・腸の動きを整えて、ガスの発生を抑える
・ガス漏れの場合、肛門をコントロールする自律神経の働きを整える
・大元の原因(自律神経失調症、姿勢の乱れ)をつきとめ、正常にしていく
このような流れになります。
治療期間は便秘型や下痢型に比べて長くかかることが多いのですが、必ず良くなりますのでぜひご来院ください。

普段の生活で気をつけること

食生活について
お腹を冷やさない食べ物飲み物をとればいいのですがそれぞれ覚えるのも大変ですので、「基本和食」をまず心がけてください。
・熱帯地方原産の物を避ける
・お菓子は西洋系を避けて和菓子で、できればしょっぱ系(せんべいなど)がおすすめ。
・炭酸系の飲み物(コーラ、ビールなど)を控える。
・冷たい飲み物も控える(お茶はホットで、お酒は燗酒やお湯割りで)
・肉類もできるだけ控える、食べたいときは鶏肉で。
・揚げ物もなるべく控える。唐揚げ、フライドポテトなどは調子悪くなりがち。
・辛い物も避ける。

呑気症関連
空気を飲み込むことでガスが発生しやすくなります。予防策として
・早食いはやめて、よくかんでゆっくり食べる
・口をいつも閉じるようにする。朝起きた時に口が乾いていれば、口を開けて寝ていますので、包帯を止めるテープなどを両唇にはって寝てみてください

姿勢、特に猫背
猫背の姿勢はお腹を圧迫して腸の動きを悪くします。
姿勢良く、まっすぐに。もちろん腰を前にずらせて座ってもいけません。

IBS ガス型の治療を受けるにあたって

わざわざこの項目を設けるのにはわけがあります。おならの症状で悩んでいる人に限って、おならのことをなかなか言わないのです。
特に女性! 症状を詳しく聞かせてくださいと言っても、お腹が張るとか腹鳴があるとかしか言わず、でも何か伝わりきってない印象で、 「おならについては特に症状は無いんですね。」と念を押すと初めて「実は‥」と話し始められます。

恥ずかしいのでしょうが、治療に来ているわけですからしっかり悩んでいることを伝えないと正しい治療が行えません。 察してちゃんはだめです。

ちなみにIBSガス型と言っとけば通じるだろうと思っている人もいらっしゃいますが、病名自体には大した意味はありません。 IBSのSはSyndrome、症候群でガス型の症状をいろいろひとまとめにして名づけているだけです。
例えば風邪ですと言っても、発熱・咳・嘔吐下痢などいろんな症状があり、それぞれで当然対応が異なります。 同じようにIBSガス型でも症状によって治療が変わってきます。

もしおなら関連で悩んでいたら、IBSガス型とだけ言って済まさず、必ず正確に症状を伝えてください。

はんなり治療院

〒144-0052
東京都大田区蒲田5-42-6-505
TEL 03-3736-0136