過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)とは

自律神経の働きの乱れなどにより、腸がうまく動かないことでいろんな不快な症状が出る病気です。

症状は主に下記の3つに分かれます。それぞれの詳細は各解説のページをごらんください。

下痢型のIBS 解説ページ
症状:いつも下痢、排便回数が多い、トイレに行けない状況だと猛烈に排便したくなる
ほとんどが男性、特にデスクワークの仕事の方や受験期の学生の方など。

便秘型のIBS 解説ページ
症状:便秘で悩んでいる、残便感が強い、便秘なのに排便すると下痢になっている
女性の割合が高く、ほとんどの人にきつい肩こりがあります。

ガス型のIBS 解説ページ
症状:お腹が張る、おならがよく出る・もれる、腹鳴で悩んでいる
若い女性の割合が高く、中高生の女の子も多く通われています。


過敏性腸症候群 コラム

解説のページに入ってない情報や、さらに詳しく解説した情報を掲載しています。

投稿記事の一覧のページからご覧ください。
「IBSコラム」から始まる記事が過敏性腸症候群関連のコラムです。