大田区蒲田にある鍼灸、マッサージ院です。不妊症、過敏性腸症候群から腰痛、寝違えまで対応します

神経因性骨盤臓器症候群

  • HOME »
  • 神経因性骨盤臓器症候群

神経因性骨盤臓器症候群(NIS)の治療

神経因性骨盤臓器症候群(NIS)について

神経因性骨盤臓器症候群(NIS)とは高野病院の高野正博先生が提唱されている疾患です。

高野病院についてはこちら
高野病院


当院は高野病院とは関係ありませんが、NISと同じような症状に長年取り組んできまして、実際に沢山の人が良くなっています。
また、高野病院に入院するのが難しい方、高野病院を退院してアフターケアとしてこちらに通院されている方も多数いらっしゃいます。
下記にあるNISの症状は、当院の治療で確実に効果があったものです。当てはまる方はぜひ受診を考えてみてください。


神経因性骨盤臓器症候群(NIS)とは

仙骨(脊骨の中でお尻の真ん中のくぼみの部分)からは多数の神経がお尻から足にかけて分布しています。
足をメインに分布しているのがご存じの方も多い坐骨神経ですが、それとは別に主に肛門や生殖器に分布している陰部神経という神経があります。
この陰部神経が何らかの原因で障害を受けると、次のような症状が起こります。

排便関連
・便がすっきりと出ない
・強い残便感
・便や液状のものが肛門から漏れる。下着も汚れる。

ガス・匂い関連
・ガスが勝手に出ていく
・ガスを止めたくても止められない、我慢しきれない。
・おならをした自覚がなくてもおならの匂いがする。周りから臭いと言われる。
・便の匂いがする。特に排便後が強い。

肛門関連
・肛門の奥が突き上げるように痛む。特に排便後や生理時に痛みが強くなる。
・肛門の違和感。痙攣するような感じや挟まったような感じ。
・肛門周りが常に湿っている。よく汗をかく。熱感を感じる。

性器関連
・陰部に痛みを感じる。男性の場合は睾丸が痛くなることが多い。
・陰部に何とも言えない不快感を感じる。


NISの症状が起こる原因とは

このような症状が起こる原因にはいろいろあるのですが、その中でも一番多くかつ鍼灸で効果のある陰部神経の障害について説明します。
陰部神経とは仙骨の脇からお尻の筋肉の間を通って肛門や性器へとつながっている神経です。
この神経に長期間繰り返し圧迫が加わったり、通り道にある筋肉が過度に使用されるなどで凝り固まり神経を強く挟み込んだ状態になると上記のNISの症状が起こります。
よく長時間正座をすると足が痺れて動けなくなることがありますが、これと同じような状態が肛門や生殖器に起きているわけです。


なぜ陰部神経の障害が起きるのか

陰部神経の障害とは、圧迫が加わったり筋肉に挟み込まれたりすることで起きるわけですが、ではなぜこのような圧迫や挟み込みが起きるのでしょうか。

・姿勢が悪い(一番多いパターン)
こちらのページで説明している姿勢を長期間続けていると、ちょうど陰部神経の通り道を圧迫することになります。
猫背だけではなく、足を組むなど片方のお尻に体重をかけ続けても起こります。
このパターンでは、尾てい骨の周りの筋肉が固くなっています。

・常にお尻に力を入れている
人前でうっかりおならをしてしまったなどをきっかけに、過度に気にしすぎてできるだけおならが出ないようにと必死でお尻に力を入れているとこの症状になります。
緊張しすぎて力を入れていることがわからない人もいます。
こちらの場合、お尻全体が固くなっていることが多いです。

・歩き方、足の力の入れ方が変わった
年配の方に多いパターンで、しりもちをついたり膝や股関節の手術をした結果足に力を入れにくくなり、その分お尻に力を入れて姿勢を保とうとします。
そのためお尻の筋肉を使いすぎ凝り固まった状態になります。杖やキャリーバッグを使用される方にも多いです。

また圧迫や挟み込みがあるとは限らないのですが、以下の場合をきっかけに発症することがあります。
・痔の手術、特にジオン注射など。
・子宮の手術、堕胎手術など。


鍼灸治療の解説と利用の仕方

鍼灸での治療は基本の施術と症状に合わせた施術の2つを行います。

基本施術は、この症状の最大原因の陰部神経の働きを回復させるものです。
陰部神経自体やその通り道にある凝り固まった筋肉を鍼で刺激して、元の状態に戻していきます。
対象となる陰部神経や筋肉は、お尻という場所柄深い位置にあります。鍼はこの場所に直接届いて作用しますので、確実に効果があります。

ただ施術範囲がお尻の上半分になりますので、ある程度下着を下げます。ご了承ください。
女性の方は下着をTバックにしていただけると、下着を下げることなく施術できます。
また生理時ですが、通常サイズのナプキンであれば施術範囲に入りませんので、治療ができます。
もちろん嫌な場合は、生理後にご来院くだされば大丈夫です。

次に各症状に合わせた施術を行います。
排便やガス関連の症状の場合は、腸の動きを整える施術をします。
姿勢や身体の動かし方に原因がある場合は、関連する場所も施術します。
これらは症状と原因によりいろんなパターンがありますので、実際にお身体を診て決めていきます。
施術範囲も肩や腰、お腹など様々な場所の中から選びます。

治療回数は症状にもよりますが、数回~10回前後かかります。
通院間隔は痛みが激しい場合は3日おきくらい、それ以外は1~2週間に1回をおすすめしています。


自分でできる対策

自力で治すというのは、かなり難しいです。たいていは自分の身体や生活習慣などに問題があるのですが、それを自覚していない、できない人が多いからです。
しかし不可能ではありません。今以上の悪化は防げますし、根気強く時間をかければ症状の改善ができるでしょう。
もちろん鍼治療と平行して行えば、よりいっそう早く良くなりますので、下記の対策をぜひ実行されてみてください。

・全症状に共通
ほとんどの人がお腹と腰回りが冷えています。手足が冷えていなくても、胴体は冷えています。
冷えは大敵ですので、とにかく身体を冷やさないようにして、温めるようにします。
お風呂にしっかりつかる(半身浴で20分以上)。
腹巻パンツなどを身につけて腰回りを温かくする。
冷たいものの飲食は控える。アルコール類は冷たいものが多いので、温かいものに切り替えましょう。

・ガスや肛門の症状
陰部神経の障害は姿勢が原因になっていることが多いです。したがって姿勢を矯正して、陰部神経に影響しないようにしなければいけません。
そのためにまず自分の姿勢がどのようになっているのかチェックする必要があります。

まず座っている姿勢では、猫背やお尻を前にずらして座る、足を組んでいるなど。
立っている姿勢では、猫背や骨盤が後ろに倒れてお腹ポッコリ状態の姿勢など。
おすすめとして当ブログの記事の
読書レビュー6 100歳までシャッキリ!! 座るだけ体操
読書レビュー7 女性外来の骨盤底筋トレーニング
で紹介している書籍に正しい姿勢の写真と解説が載っていますので、これらを参考に自分の姿勢をチェックして正しい姿勢に直します。

・お尻に力を入れないようにする
元々匂いを気にした結果、肛門を閉じようと力を入れだしたと思うのですが、そのままではさらに症状を悪化させてしまいます。
周りが気になったり緊張した時にお尻を触ってみて、固く力が入っていれば何とかして力を抜いてください。
力を入れている自覚が無いことが多いので、できるだけ触ってチェックしましょう。

・お尻の筋肉が凝り固まっている
上記にある姿勢が悪かったり、お尻に力を入れすぎていたりすると、お尻の筋肉は凝り固まってしまいます。
この凝りが神経をはさんで障害を起こしますので、凝りをほぐす対策をとります。
お尻を温める、大股でウォーキングをしておしりの筋肉をよく動かす、ストレッチをする、などが対策になります。
ストレッチは、「大殿筋ストレッチ」「梨状筋ストレッチ」ということばを検索して参考にされるといいでしょう。


症状別解説のページへ戻る

完全予約制です。お問い合わせはこちらから TEL 03-3736-0136 10:00~21:00(土日祝 10:00~19:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 鍼灸 マッサージ はんなり治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.