初めての方へ

はじめまして、はんなり治療院院長 佃 耕衛と申します。ホームページをご覧いただきありがとうございます。このページでは、鍼灸が初めての人向けの解説と、鍼灸を受けたことがあるが当院は初めてという人向けのご紹介をしています。

私のプロフィールは当院のご紹介ページをご覧ください。

鍼灸院の経験のある方へ
鍼灸の経験がある方は、下記鍼灸院の利用方法はんなり治療院の特長をご覧ください。

鍼灸が初めての方へ
当院は鍼とお灸を用いて、お困りの症状を解消するお手伝いをしています。鍼灸が初めての方は、どんなことをされるのか不安があることでしょう。このページではそのような初めて受ける方向けに、
・鍼灸とはどういうものなのか
・どんな考え方で治療しているのか
・鍼灸院の上手な利用の仕方
・はんなり治療院の特長
などを解説していきます。

 

 鍼灸とはどういうものなのか

鍼灸とは単純に言えば、人体の特定の部分(ツボ)に鍼やお灸で刺激を加えて、その作用で症状を改善していく方法のことです。

まず鍼についてですが、基本的にステンレス製でいろいろな種類があります。当院では、長さが3cm~6cm、直径が0.16mm~0.24mmまでのものを使用しています。もちろん全て使い捨てです。注射針の直径が大体0.4mm~0.8mmなので、それに比べるとずいぶん細くなります。痛いのではと心配される方も多いのですが、ほとんどは皮膚を通過する時にチクッとする程度です。ただ凝っている所や原因となっている所に鍼が当たると、ズーンというような鈍い感覚が来ますが、これは良い効果が出ているということなので安心してください。場合によっては刺しっぱなしにすることがありますので、その時は身体を動かさないようにしてください。

お灸は、もぐさという柔らかい繊維の固まりを皮膚上で燃やして、熱刺激を身体に加えます。燃やすというと何だか剣呑な表現ですが、実際は大きさは1mmから大きくても5mm程度で、燃える時間も短く熱さを感じる時間は1秒以下です。言葉で表すとチクーンという感じです。やけど防止シールを使用していますので、ほぼやけどはしません。

他に台座灸というお灸も使います。こちらはさらに刺激が弱く、じんわり熱くなり、30秒程で消えます。鍼が刺せない骨や関節の部分、冷えが強い場所によく使用します。

 

 

 どんな考え方で治療しているのか
病院では検査をして病名を決定し、手術や投薬をすることで治療していきます。
鍼灸では、東洋医学という理論に基づいて診察をして、どのツボを使うか選択します。場所が決まれば、鍼やお灸で刺激することで、身体に変化を起こして症状を改善していきます。

では東洋医学とはどんな考え方なのでしょうか。東洋医学では「気」という、エネルギーみたいなものが人体をスムーズに巡っている状態を健康な状態としています。それに対して、外から悪い気が入ってきたり(風邪など)、気の巡りに滞りがある(自律神経失調症など)状態を病気としています。したがって悪い気を外に出したり、滞りを無くして巡りをスムーズな状態に戻すことが鍼灸の治療になります。スムーズな状態に戻ることで、身体が自ら症状を改善していき、健康な状態に復帰します。鍼灸が直接治すのではなく身体の状態を良くすることで治っていく、すなわち体質の改善を行ってその結果健康になるというのが、鍼灸治療の考え方です。そのため、ある1つの症状が良くなるだけでなく全体的に調子が良くなるのが特徴です。

実際の治療の様子は鍼灸治療の流れのページをご覧ください。

 

 

 鍼灸院の利用の仕方

1. まず予約します
完全予約制ですので、事前に予約をしましょう。その際希望時間を第3希望くらいまで決めていただけるとスムーズに予約できます。
2. 来院
予約時間の5~10分前にお越しください。あまり早く来られると入室をお断りすることがありますので、ご注意ください。
3. 問診票記入
お困りの症状をお書きいただきます。
4. 着替え
治療室に案内しますので、患者着に着替えてください。着替えが終わりましたら、お呼びください。
5. 身体の温め
目、首、お腹をホットパックで温めます。筋肉の緊張を和らげますので、鍼治療を受け入れやすくなります。
6. 問診
症状について詳しくお伺いします。気になることはどんどん話してください。
7. 施術
鍼やお灸の施術を行います。
8. お会計
施術が終わりましたら着替えて、お会計をして終了です。

鍼灸の治療は、体質改善で症状を良くしていくというものなので、急に良くなるということはありません。もちろん寝違えや軽い腰痛など、1回で良くなる症状もあるのですが、特に内科系の症状の場合は回数がかかります。しばらく通院するものだと思って、ご来院ください。
また、通院間隔は1週間に1回、1クール4~5回として通院するのが基本のパターンです。症状に応じてある程度変化します。1クールで身体に変化を感じることができ、全体としてどれだけかかるかの目安がたちます。

注意事項として、食事は治療1時間前までにお済ませください。治療をした日はお酒を飲まないで、入浴はシャワーのみにしてください。

やっぱり止めたい時
通院したはものの、やっぱり合わないなあ、通院止めたいと思うこともあると思います。そんな時は「次のご予約はどうされますか。」とお聞きした時に「予定がわからないので、後で連絡します。」と言って帰りましょう。断りづらいからとりあえず予約を入れて、後でキャンセルしようというのはできるだけおやめください。他の方のご予約をお断りすることになりますので。

 

 

 はんなり治療院の特長
当院の患者さんの男女比は、男性4割、女性6割です。
社会人の方が多いのですが、IBS、特にガス漏れの症状の場合は、中学生~大学生の人も多くいらっしゃっています。
また症状への治療だけでなく、仕事のパフォーマンス維持のために、お身体のメンテナンスとして通院している方も多くいらっしゃいます。

他に特長として
・鍼は全て使い捨て。
・患者着はもちろん、使用したタオル類も全て交換。
・女性向けに、ペーパーTバックをご用意しています。
・過敏性腸症候群(IBS)を得意としています。IBSの患者さんは延べ2万人以上診ております。特にガス漏れに対してはどこよりもしっかり治療しております。
・鍼を刺しっぱなしにして、席を外すことはしません。常に側にいますので、コミュニケーションがしっかり取れます。地震の時もすばやく対応。
・なるべく専門用語を使わず、わかりやすく説明します。
・電気治療は行っていません。電気が苦手な方は安心して受けられます。

詳しくははんなり治療院の特長のページをご覧ください。施術における注意事項も書いています。